トップページ > 公文俊平

主な研究分野・関心領域

[公文俊平] 2006-05-12 14:32:22

主な研究分野・関心領域
社会システム論
日本社会論
情報文明論

投稿者 : 公文俊平

0508憲法私見

[公文俊平] 2005-09-25 18:23:43

 いよいよ再改正の時期が熟してきたかに見えるわが国の憲法について、いくつかの私見を述べてみたい。

投稿者 : 公文俊平

ネットワーク社会学

[公文俊平] 2005-04-07 19:02:23

【この原稿は、『マルチメディアブロードキャスティング』の「インターネット最前線」1998年2月に掲載されたものですhttp://www.mmbc.jp/mmbc/inter/net/980220ne-1.html 】

情報社会論の偉大な先達

 日本で、世界に先駆けて情報社会論が展開されたのは、1960年代のことだった。1963年に発表されて衝撃を与えた梅棹忠夫氏の論文、情報産業論がその嚆矢となり、60年代の後半から70年代の前半にかけて、「情報化」あるいは「情報社会」という言葉自体がまず日本語として創り出され、広く普及したことは忘れられない。北川敏男氏の総編集で、1970年代の半ばに続続と刊行された学習研究社の『講座情報社会科学』(全○○巻)は、この時代の成果の一つの集大成とでもいうべき試みだった。

投稿者 : 公文俊平
  1. < PREV
  2. [1]
  3. [2]
  4. [3]
  5. [4]
  6. [5]
  7. [6]
  8. NEXT >