Izumi Aizu - Profile

[会津泉] 2013-06-10 12:00:00

Izumi Aizu Bio (as of Jan, 2016)

iza@anr.org, www.anr.org

Senior Research Fellow and Professor, Institute for InfoSocionomics, Tama University

Principal Researcher, Institute for HyperNetwork Society

Born in 1952, Mr. Aizu joined the printing industry in 1971 after graduating from high school. In 1976, he joined the international advertising, marketing and public relations business as sales and planning manager.

In 1984, after spending a few years in the technical communications field to produce software manuals for PC products, he encountered with the emerging computer networking activities in the United States. In 1986, he co-founded the Institute for Networking Design, a think-tank specializing in computer conferencing in Tokyo. He also served as Secretary General of the Networking Forum, annual national conference on PC-based networking in Japan from 1987 to 1992. He has promoted both local, community-based networking and global, cross-border human networking by connecting the PCs through telecom networks. He has also made several rounds of research work on the status of PC networking in the U.S., Videotext in Europe, E-mail and Computer conferencing in Japan, US and Europe as a comparative Study.

In 1990, he organized “HyperNetwork Conference - look into the future of Network Society in 25 years from now” which In 1993, he co-founded Institute for Hyper Network Society (IHNS) whose main office is in Oita, a local city in Kyushu Island, and actively promoted community networking with grassroots citizens.

In 1991, he joined the newly established GLOCOM (Center for Global Communications), at the International University of Japan, as Head of Planning. After attending INET 92 in Kobe, he started to promote Internet in Japan: giving strategic advises to ICT and media industries, national and local government agencies, working on policy and strategic issues in global context with strong focus on Asia. He was also vocal in pushing the Internet against the strong policy debate of whether the dominant Telco, NTT, should be broken up by the Government as a form of new regulatory policy. Together with colleagues at GLOCOM, he pointed out that incumbent telecom network was not the central issue, rather, giving birth to the Internet is. GLOCOM also helped Japanese government and industry leaders to communicate with US counterparts including the Clinton administration.

In 1997, he moved to Kuala Lumpur, Malaysia, and founded Asia Network Research, an independent research unit dedicated to promoting networking in Asia-Pacific region, focusing on societal aspects of the Internet, including global governance and digital divide issues. Between 1998 and 2000, he also worked as Secretary General of the Asia & Pacific Internet Association (APIA), a trade association representing Internet business community. Under that capacity, he was heavily involved in the process of forming ICANN (Internet Cooperation for Assigned Names and Numbers) including hosting the IFWP meeting and the first ICANN meeting both in Singapore.

In 1999, he co-organized the global campaign on Y2K on Internet. He was instrumental in creating the Internet Y2K Coordination team in Japan with technical and operational community, as well as liaised with the US counterparts including Y2K Council at the White House and people from Department of Commerce.

In April 2000, he moved back to Tokyo where he continues the research work on promoting the Internet in Asia. He represented Japanese NPO under the government’s requests to GLOCOM, for the Digital Opportunity Task Force, or DOT Force, initiated by the G8 to address digital divide issues. GLOCOM led the debate at the “Universal participation for new and emerging field”, to help developing countries participate in such process as ICANN, W3C, etc. In 2001, he was again asked by the government to organize supporting Asian NGOs and Civil society member to participate the preparatory process of WSIS (World Summit on the Information Society).

In April 2002, he was promoted to Deputy Director at the Institute for HyperNetwork Society, and in August 2004 he co-found Internet Governance Task Force of Japan (IGTF-J) to engage in the international debate on Internet Governance at the WSIS Working Group on Internet Governance set by the United Nations. He worked as the Secretary of IGTF from 2004 to 2006.

In March 2008, he was appointed as Professor at Institute for InfoSocionomics, Tama University, and in May 2008, he was appointed as the Secretary for the Satellite Broadband Promotion Council of Japan.

In 2009, he co-founded Japan Internet Domain Name Council in charge of the selection and oversight of new Internationalized Country-Code TLD, “dot Nippon” and became a member of its Steering Committee. JIDNC concluded its work in 2011.

In 2010, he was elected as one of the Co-coordinators of the Civil Society Internet Governance Caucus, the civil society voice engaging in the Internet Governance Forum (IGF). He was also selected as the member of the CSTD Working Group on the improvement of the IGF from the civil society.

In 2011, after the East Japan Great Earthquake, he proposed to initiate the relief works using ICTs to the devastated areas which led the foundation of Information Support pro bono Platform, iSPP, a not-for-profit organization with some 100 members. Mr. Aizu led a research project on “How people behaved with ICT – what they could rely on and what they could not” – issued a detailed statistical report and also wrote a book published in Mar, 2012.

He started to research and promote "Social Fabrication" since 2013, helped to setup FabLab Oita, participated in several FabLab related conferences, organized workshops including "Future of Industry, Mobility and Making (FIMM)" unConferences starting one in Paris, March 2015, then in Rotterdam, Toyota, Yokohama and Oita in 2015.

He served as the Executive Director of the Institute for HyperNetwork Society from May 2014 until March 2015.


His publications in English include:

“Ensuring a Truly Global Policy-Making Process”, OnTheInternet, newsletter by Internet Society, July 29, 2000 “Why Asians Should Join The Domain-Name Fray”, ASIAN WALL STREET JOURNAL, Feb 28, 2000 “The Emergence of Netizens: The Cultural Impact of Network Evolution in Japan”, NIRA Review, Fall 1995. “Not problems, opportunities”, An interview with NTT President Masashi Kojima, WIRED, Dec. 1994 “Co-emulation: The Case for a Global Hyper Network Society”, Shumpei Kumon and Izumi Aizu, a chapter in "Global Networks”, Linda Harasim ed, MIT PRESS 1994 “BEYOND NETWORK NEUTRALITY, The State of Play in Japanese Telecommunication Competition”, co-authored with Judit Bayer, Telecommunication Journal of Australia, July 2009 “Japan” chapter for Global Information Society Watch 2009, Association for Progressive Communications, under the theme of Content Regulation, Green ICT and Disaster and the use of ICT in 2009, 2010, 2011 respectively.

His books in Japanese include:

“Internet Governance: Ideals and Reality” (2004) “Net Revolution from Asia” (2001) “Easy Steps to Internet Business” (1996) “Evolutionary Network” (1994) “PC Network Revolution” (1986) “The Report on Personal Computer Networking in US” (1985) His translation works from English into Japanese include: “Groupware” by Robert Johansen (1986) “Odyssey” by John Sculley (1988) “Networld” by Albert Bressand (1991) “Virtual Community” by Howard Rheingold (1995) “Smart Mobs” by Howard Rheingold (2003, co-translated)


He received David Rodale Award from Electronic Networking Association in 1988 for his contribution to 'building the global communities'; Plaque of Appreciation from EMPAL (Electronic Mail Pal) of Korea in 1990; Award of Excellence for his book "Evolutionary Network" in 1995 from Telecommunications Advancement Foundation in Japan; and Best Author Award in 1996 for his paper “Emerging Internet” in Japan's Information Processing Society Journal.

He is currently member of the following committees and associations: Study Committee on smooth adoption to IPv6, Ministry of Interior and Communications (since 2009) Member, Civil Society Internet Governance Caucus (since 2003) Advisory Committee, Asia Pacific Internet Conference on Operational Technology (APRICOT) (since 2002)

He was member of the following international committees and associations:

Vice Chair, Electronic Networking Association (1990-1992) Vice Chair, Asia Pacific Networking Group (APNG) (1994-1998) Membership Advisory Committee (MAC), ICANN (1998–1999) Advisory member, Internet Policy Program at Aspen Institute (1998-2001) International Advisory Panel, Asia Pacific Development Information Program (APDIP) at United Nations Development Program (UNDP). (1999-2001) G8 Digital Opportunity Task Force, representing Japanese NPO (2000-2002) Advisory, Internet Content Rating Association (ICRA) (2000-2003) NGO and Academic ICANN Study (NAIS) (2001-2002) ICANN AtLarge Advisory Committee (ALAC), elected from Asia Pacific AtLrage Organization (APRALO) (2003-2008) High-level Advisor, United Nations Global Alliance for Information and Development (2006-2008) Member of ICANN AtLarge Advisory Committee (ALAC) (2003-2008) Council, Internet Association Japan (since 1993) Member of Steering Committee, Japan Internet Domain Name Council (2009-2010)

He also served for the following Governmental and other committees: PC Communications Study Group, Ministry of International Trade and Industry PC Communications Study Group, Ministry of Post and Telecommunications PC Communications Study Group, Ministry of Home Affairs [All three different study groups by different ministries at the same time; 1985-1986] Study Committee on Domestic Communication Appliance, Ministry of Post and Telecommunications (1988-1989) Telecommunication Technology Committee, Working Group on Network viewed from Outside, Nippon Telephone and Telegraph (NTT) (1993-1996) Information Technology Study Committee, Ministry of International Trade and Industry (MITI) (1990-1993) Information Technology Standardization Study Committee, National Industrial Research Institute, MITI (1995-19) Mobile Number Portability Study Committee, Ministry of Interior and Communications (2003-2004) Secretary, Internet Governance Task Force of Japan (2004-2006) Communication Service Platform Study Group, Ministry of Interior and Communications (since 2008) Study Committee on Internet Policy, Ministry of Interior and Communications (2008-2009)

His research and advocacy focus is the effective and proper use of Internet in society, including policy and strategic issues, based on the end-user's viewpoint and value. He is interested in forming global culture through The Net, linking people to people through heart-to-heart communications in the cyberspace and in the real world. His recent focus is Asia and social development in policy issues, user participation, security and safety, and the governance of network society. He is married and has four daughters and four grandchildren.

投稿者 : 会津泉


[お知らせ] 2012-12-12 17:36:15




Tel: 03-3712-3758
Fax: 03-3712-3485
Mail: office@ni.tama.ac.jp

投稿者 : 多摩大学情報社会学研究所事務局


[公文俊平] 2012-02-17 11:24:51



投稿者 : 公文俊平


[お知らせ] 2011-03-19 23:04:07



投稿者 : 多摩大学情報社会学研究所事務局


[山内康英] 2010-12-01 21:29:13

さて、ここ2・3 日の新聞を見ていると、ある言葉がやたら目に付きます。特に外交面(欄)ではそうです。それは、「ウィキリークス」という言葉。例えば、昨日の朝日新聞夕刊を見ると、ウィキリークスが暴露したアメリカの文書によって見えてきた「中国の北朝鮮に対する見方」や、今回の暴露に対するクリントン国務長官やイタリア首相の反応などが一面で大きく記事になっています。



  • こんにちは。今日はよろしくお願い致します。
  • よろしくお願い致します。
  • まず、「ウィキリークス」とはどんなものなのですか?いつ、誰が、どんな目的で始めたものなのでしょうか?(サイトの概略・目的)
  • ウィキリークス(Wikileaks)は、政府や企業の秘密の情報を公開するウェブサイトです。2006 年末にジュリアン・アサンジさんというオーストラリア人を中心とするグループが準備を始め、2007年から本格的に動き出しました。その目的ですが、ウィキペディアというオンラインの辞書があります。いろいろな人の知恵や知識を集めればより正しい情報になるという考え方ですね。これを集合知と言います。何々ペディアという試みがたくさんできまして、その一つが秘密情報を公開するウィキリークスということになります。たとえばカメラペディアというのは古カメラ愛好者が集う穏健なサイトです。


  • さて、今回はアメリカの外交文書が掲載され騒ぎになっていますが、この「ウィキリー クス」というサイトには、どんなデータが収められているのですか?政治的なものだけではないのですか?(開催されている文書に種類や量について)
  • 情報の内容は、政府文書、企業秘密、業界団体、個人のゴシップ的なものなど広い範囲です。全部で200 万点は超えているでしょう。ただし1 点のカウントには注意する必要があります。とても短い外交電信も1 点に数えているようです。

  • 我々でも、そんな文書を見ることができるんですか?(簡単な調べ方) 英語ですよね?
  • 25 万点の外交文書というのはとても大きな分量です。見ると言ってもとても見られるものではありません。まず精査して分類する必要があります。ガーディアンというイギリスの労働党系の新聞がこれを分類して自分のサイトに掲示しています。

    ウィキリークスの閲覧ですが、Google で「ガーディアン」と打つのが一番早いでしょう。Wikileaks.org が本拠地のウェブですが、現在、アクセスすることが出来ません。ウィキリークス側は大規模なDDoS 攻撃に遭遇と言っています。これはTwitter 経由です。




  • 逆に載せる方、「ウィキリークス」への情報の投稿というのは誰もができるものなのですか?そしてそのまま、サイトを管理する誰かが判断することなく掲載されるものなのでしょうか?(投稿システムについて)

  • 投稿はウェブページから出来ますし、郵送でも良いと言っていますが、やったことがないのでわかりません。掲載の前にウィキリークス側が事前審査をします。

  • その投稿に関してですが投稿者の秘密は守られるものなのですか?「漁船衝突事件」で注目を浴びた映像投稿先のyoutube の場合は、警察から求められ、データを公開したと聞きますが・・。(投稿者の匿名性の保持は)

  • ウィキリークスは秘密が守られると言っています。一つの例外は、この夏ロイター現地人記者2 名を含む市民を攻撃した米軍ヘリコプターの映像をウィキリークスに送った容疑で逮捕された米軍のマニング上等兵です。しかしこの事件は別のルートから検挙されたと報道されています。具体的にはマニング上等兵が友人に送ったチャットの内容を、その友人がFBI に通報したと言うことです。

  • あと気になるのは掲載されているデータ、文書の信頼性なんですが、その点についてはどうなんでしょうか?(掲載データの信頼性)
  • ニューヨークタイムス(米)、シュピーゲル(独)、ガーディアン(英)という各国の大手新聞が事前に調査をしています。また集合知によって信頼性が維持できる、ということ自体がウィキの根拠になっています。

  • 今回の外交文書暴露を含め、こうしたサイトを作り維持していることは法的に見た場合、セーフと言える行為なのでしょうか?(暴露サイトの合法性、不法性について)
  • ウィキリークス側も事前に法的問題は良く検討しており、どの政府も運営自体の違法性を明証することは出来ていないようです。各国政府ともどのような法的規制を掛けることができるか急遽検討しているところです。

  • こうした行為に当然、政府は反発しますから、「ウィキリークス」への圧力もあるそうですね?(各国政府などからの圧力は)
  • 関係国は中心人物のジュリアン・アサンジ氏に対して大きな圧力を掛けています。ガーディアンの記事によるとスウェーデンの要請により国際刑事警察機構(Interpol)が所在地通報の公告を出したとのことです。容疑は性的な傷害行為ですが、真相は錯綜してよくわかりません。


  • この「ウィキリークス」の行為についての海外での評価というのは、毀誉褒貶あると思 いますが、どうなんでしょうか?(サイトの存在の受け止められ方)

  • 強く非難する声と、擁護する声が混じっています。活動を抑制しようとする政府の圧力は強まっていますが、他方で実際の情報開示は各国の新聞メディアがウェブなどで行っており、メディア全体の活動の一環になってきているようでもあります。なんと言っても、新聞はマスメディアの中で生き残りをかけていますからね。このように膨大なデータを分析することからメディアのストーリーを作ろうとする活動をデータベース・ジャーナリズムなどと呼んでいるとのことです。つまり新聞やテレビなどのマスメディアとの棲み分けないしはネットワーク化ですね。ジャーナリズムとウィキリークスとの関係については佐々木俊尚さんや次のBlog が良くまとめています。テレビのコメンテーターもだいたいこのへんの孫引きでした。


  • 今回の外交文書暴露で、「ウィキリークス」への圧力がさらに強まると思われますが、今後、どうなっていくのでしょうか?(「ウィキリークス」の今後)

  • ウィキリークス自体がいつまでも続くものかどうかは分かりません。次第に政府の活動に公然と反対する姿勢を強くしているようです。ある日、店仕舞していたとしてもまったく不思議はありません。なんと言ってもベスト・エフォートのインターネットですから、それはそれで構わないわけです。

  • 「中国漁船衝突事件」、そして「米外交文書暴露」と立て続けで、現場に近い所から秘密が漏れてくる事態が発生しましたが、「ウィキリークス」などの存在によって、こうした事はこれからも続くと考えていいのですか?(漏洩事件は続くのか)

  • 内部告発は一定の頻度で起こっています。有名なのが、ダニエル・エルスバーグ(Daniel Ellsberg)が1971年に告発したペンタゴン文書と、これに続いて72 年に起こったウォーターゲート事件です。この二つの事件はベトナム戦争に反対する立場から米国政府の関係者が起こしたもので、いろいろな経緯はありましたが、ニクソン政権の弾劾とベトナム戦争の終結に繋がりました。今度の漏洩事件もイラク戦争という批判の多い戦争と無関係ではありません。政府の政策に強い批判があるとき、またそれが広範な世論と結びついたときに内部告発が起こることになります。

    さて、今後も政府文書の漏洩が続くのかという予想ですが、米国の情報漏洩についてはアフガン戦争の政治的な終結と“You can change” を標榜する民主党大統領の政権交代という背景があるのかもしれません。まったく”You can change”とは良く言ったものです。何を言いたいかというと、ベトナム戦争と同じようなある種の特殊な政治的雰囲気の中で起こった出来事ではないか、ということです。また政権交代にさいしては常に政治的なタガの緩みが生じます。このように考えれば今後はこのような大規模な漏洩はそれほど多発しないのかもしれません。Wikileaks.org のHP にダニエル・エルスバーグの動画が載っていて、これは Democracy Now のインタビューに答えたものですが、「その中で今回の内部告発を40 年待った」と言っていたのが印象的でした。


  • 今後とも内部告発が続くとして、われわれはこれをどのように考えれば良いのでしょうか?

  • 内部告発者のプロファイリングを考えてはどうか、というのが私の提案です。プロファイリングというのは犯罪の性質や特徴から犯人の特徴や背景を推論することです。内部告発者は英語では whistleblower ですが、文字通り警鐘を鳴らす者ですね。組織が法律違反を行う場合にはこれに関する内部告発者は保護されます。日本では、公益通報者保護法というものがあり、米国ではWhistleblower Protection Act があります。



  • 内部告発者は組織の忠誠義務の違反者だということですね。

  • 義務というのは特定の社会的な秩序に対して成されるものです。しかし社会的な秩序にはレイヤーがあるのです。ある秩序を作り出す秩序、そのまた秩序を作り出す秩序、というようにね。たとえば特定の政権はある外交政策を作り出しますが、その政権を作り出したのは代表制選出制度と民主主義です。ある外交政策──たとえばベトナム戦争のような──が、民主主義というより根源的な秩序のプラットフォームに違反している、というのが真剣な内部告発者の主張だということになります。かれらの忠誠はこの下位のより根源的なレイヤーに対して向けられる訳です。理念的には、ですが。

  • なにを言っているのかわかりません。

  • つまり内部告発者は公共(publicness)の再定義を独自にしている訳ですね。言ってみれば「a 正しい公共」ということです。

  • それは菅首相の言う「新しい公共」の不定冠詞単数型ですか?!

  • 親父ギャグです。

  • だんだん混乱してきました。それが情報社会とどう関係するのですか?

  • 情報社会では声の大きい者たちによる「a 正しい公共」s が散乱していくのです。それを統合するのは、一つは権力です。これは上から暴力的に公共の数を減らします。もう一つは empathy です。これは個々人が想像力によって公共の数を縮約します。Empathy という言 葉を使ったのは共感=sympathy と区別するためです。感情的な共感ではなく、他者が何故このような行動を取ったのかという理解についての想像力ですね。

  • 『道徳感情論』ですか?少し古くありませんか?それがプロファイリングと結びつくわけですか?

  • さすがBS○○ですね。大丈夫です。まだモダンです。そうです。それがプロファイリングと関係してくるわけです。公的組織の中にいる人たちは権力の怖さを良く知っていますから、内部告発をするというのはよほどのことです。彼らは社会的生命を賭しているわけですから、一種のダイイング・メッセージですね。ダイイング・メッセージぐらいは皆で落ち着いて考えようじゃないか、と。情報過食症とPV 乞食を脱して、と。契約的な社会システムを措定する正義ではなく、特定の他者の顔を想定した正義を、というヤツですね。海保の方も「皆に自分の問題として考えて欲しかった」と言っています。そしてひとりひとり、自分が今度内部告発者にならずに済んだ幸運を密かに喜ぶのです。

  • いきなり正義論ですか?まさかデリダの「法の力」とか出てくるのではないでしょうね。想像力とempathy に一体どのような効果があるのですか?

  • それが公共を暴力的に減らそうとする権力の一つの対抗措置になります。そうでなければモニタリングの強化というシステム側の闇雲な制度設計の繰り返しがあるだけです。

  • よくわかりませんが何か面白かったような気もします。とくに後半について勉強になったと言いたいところですが、もう少し分かり易く言っていただかないと番組は困ります。ともかく今日はどうもありがとうございました。(締めのコメント)

  • ありがとうございました。

投稿者 : 山内康英


[山内康英] 2010-11-02 14:02:12


山内康英 著


投稿者 : 山内康英


[公文俊平] 2010-09-22 11:40:14


  • 情報社会の現在序章(v4)
  • 情報社会の現在第1章(v4)
  • 情報社会の現在第2章(v3)
  • 情報社会の現在第3章
  • 情報社会の現在第4章
  • 情報社会の現在:参考文献v2

第3章を公開いたしました。(2010/11/04 23:55追記)

第4章を公開しました。(2010/12/30 10:45追記)

脱稿に当たり、未定稿の掲載を終了いたします。完成稿は、『情報社会のいま ―あたらしい智民たちへ』として、NTT出版より刊行されました。ご参照下さい。(2011/06/01 17:12追記)

情報社会のいま ―あたらしい智民たちへ
情報社会のいま ―あたらしい智民たちへ
公文 俊平

投稿者 : 公文俊平

情報社会学会 2010年度年次研究発表大会 が開催されます。

[お知らせ] 2010-05-20 15:09:06

情報社会学会 2010年度年次研究発表大会 が開催されますのでご案内いたします。

情報社会学会 2010年度年次研究発表大会 概要

日程: 2010年6月5日(土)  10:00~17:00
場所: 京都大学東京オフィス 品川インターシティA棟27階
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/tokyo-office/about/access.htm (地図)


投稿者 : 多摩大学情報社会学研究所事務局


[公文俊平] 2009-12-13 23:00:48




投稿者 : 公文俊平

相互依存と国家の役割 -システム論的アプローチ-

[山内康英] 2009-12-13 17:13:45

相互依存と国家の役割 -システム論的アプローチ-




投稿者 : 山内康英
  1. < PREV
  2. [1]
  3. [2]
  4. [3]
  5. [4]
  6. [5]
  7. [6]
  8. NEXT >