0508憲法私見

[公文俊平] 2005-09-25 18:23:43

 いよいよ再改正の時期が熟してきたかに見えるわが国の憲法について、いくつかの私見を述べてみたい。

投稿者 : 公文俊平

ネットワーク社会学

[公文俊平] 2005-04-07 19:02:23

【この原稿は、『マルチメディアブロードキャスティング』の「インターネット最前線」1998年2月に掲載されたものですhttp://www.mmbc.jp/mmbc/inter/net/980220ne-1.html 】

情報社会論の偉大な先達

 日本で、世界に先駆けて情報社会論が展開されたのは、1960年代のことだった。1963年に発表されて衝撃を与えた梅棹忠夫氏の論文、情報産業論がその嚆矢となり、60年代の後半から70年代の前半にかけて、「情報化」あるいは「情報社会」という言葉自体がまず日本語として創り出され、広く普及したことは忘れられない。北川敏男氏の総編集で、1970年代の半ばに続続と刊行された学習研究社の『講座情報社会科学』(全○○巻)は、この時代の成果の一つの集大成とでもいうべき試みだった。

投稿者 : 公文俊平

「21世紀は「共発的近代化」の時代 経済活動も競争より共働が軸に」(2005年2月2日)

[公文俊平] 2005-03-30 18:57:45

米中の軍事的対立はあるか

 今にして思うと、二十世紀の四分の三を占めた「長い戦争(ロング・ウォー)」は、「創発的近代」と「開発的近代」の戦いだったといえそうだ。つまり、民主主義と市場経済を主柱とする文明を創発させた近代化の先発国に対して、それをモデルとしつつも異なるイデオロギーを掲げて近代文明を意図的に開発しようとした後発国が、成功の余勢を駈って、先発国に軍事的あるいは経済的に挑戦した時代が、二十世紀だったのだ。

「21世紀は「共発的近代化」の時代 経済活動も競争より共働が軸に」『産経新聞/正論』(2005年2月2日)

投稿者 : 公文俊平
  1. < PREV
  2. [1]
  3. [2]
  4. [3]
  5. [4]
  6. [5]
  7. [6]
  8. [7]
  9. [8]
  10. [9]
  11. [10]
  12. [11]
  13. [12]
  14. [13]
  15. [14]
  16. [15]
  17. [16]
  18. [17]
  19. [18]
  20. [19]
  21. [20]
  22. NEXT >