主な著作など

[会津泉] 2008-09-30 10:00:00

●著 書 『はじめてのあっぷる』(共著・小学館1984年)

『アメリカにおけるパソコンネットワ-ク実態調査報告書』(ネットワ-キングデザイン研究所1985年)

『パソコンネットワ-ク革命』(日本経済新聞社1986年)

『進化するネットワーク』(NTT出版1994年)

『入門インターネット・ビジネス』(共編著・日本経済新聞社1996年)

『アジアからのネット革命』(岩波書店 2001年)

『インターネットガバナンス 理念と現実』(NTT出版2004年)

●共著 「インターネットの国際政治・経済的意味と途上国へのインパクト インターネット・ガバナンスをめぐる考察」(北村かよ子編『情報化の進展とアジア諸国の対応』アジア経済研究所2000年)

「インターネットで多元主義は可能か」(林紘一郎・牧野二郎・村井純監修『IT2001なにが問題か』岩波書店2000年)

「グローバルなインターネットとグローバルなルール」安田浩編『爆発するインターネット』オーム社2001年)

「インターネット 小国の生き残り作戦として」(田村慶子編著『シンガポールを知るための60章』明石書店2001年)

「インターネットのグローバル・ガバナンス」(高橋徹・永田守男・安田浩編『次代のIT戦略 改革のためのサイバーガバナンス』日本経済評論社2002年)

「情報化時代のガバナンス」(原田泉・山内康英編著『ネット戦争 サイバー空間の国際秩序』NTT出版2007年)

●訳 書 『ユーザーマニュアル執筆ガイド』(Brad McGhee ・共訳・日経BP社1984年)

『スカリ-』(John Sculley 早川書房1988年)

『ネットワ-ルド』(Albert Bressand 東洋経済新報社1991年)

『バーチャル・コミュニティ』(Howard Rheingold 三田出版会1995年)

『スマートモブズ』(Howard Rheingold NTT出版2003年8月刊・共訳)

●英文著作・論文 "Co-emulation: The Case for a Global HyperNetwork Society" in Global Networks, Shumpei Kumon and Izumi Aizu(MIT PRESS 1994)

"Not problems, opportunities", An interview with NTT President Masashi Kojima, WIRED, Dec. 1994

"The Emergence of Netizens: The Cultural Impact of Network Evolution in Japan", NIRA Review, Fall 1995.

“Ensuring a Truly Global Policy-Making Process”, “OnTheInternet”, newsletter by Internet Society, July 29, 2000

“Why Asians Should Join The Domain-Name Fray”, “THE WALL STREET JOURNAL”, Feb 28, 2000 

A proposal to Downsize and Restructure ICANN, April 29, 2002 ”A Comparative Study of Broadband in Asia: Deployment and Policy” A Discussion Paper, 2002

“Japan” Chapter in Digital Review of Asia Pacific, 2003

●研究分野・関心領域

・NPO/NGO/市民社会/ネティズンのガバナンス論

・ネットワーク社会論、コミュニケーション論

・アジアにおけるインターネットおよびブロードバンドの普及・発展プロセス

・アジア・途上国におけるインターネットおよびICTの普及政策

・インターネットガバナンス ・地域ネットワークの社会システムとしての成立原理とそのプロセス

●受 賞 1988年 ENA(Electronic Networking Association)より、グローバル・ネットワーキングづくりに貢献したとして、デビッド・ロデール賞。

1990年 韓国 Electronic Mail Pal (EMPAL)より、日韓ネットワーカーの交流親善に貢献したとして感謝盾。

1995年 電気通信普及財団より、『進化するネットワーク』(NTT出版1994)で、電気通信普及財団テレコム社会科学賞。

1996年 情報処理学会より、「インターネットの進化発展の意味」(『情報処理』1995年10月号)で、1996年ベストオーサー賞。

●参加した主な国際会議

Electronic Networking Association Symposium: Nov 1986, 1988, 1989, 1992 Washington DC, Philadelphia, Allentown, San Francisco

韓日PC通信セミナー 1989, Seoul

Pacific Asia Networking Forum 1990, Seoul

European Software Festival February, 1992, Munich

Harvard Conference on Internet and Society May 1996

Aspen Roundtable on International Telecommunication 1993 – 1998

APRICOT 1996 - 2008

Multimedia Asia Aug 1996, 1997 - 1999

Pan Asia Networking Conference, Ulaanbaatar, Mongolia, 1997

European Community Networking Conference, Barcelona 1998

Aspen Internet Policy Roundtable 1999, 2000

G8 DoT Force Meeting Cape Town, Sienna, Italy, 2001

Internet Cooperation for Assigned Names and Numbers (ICANN) Meetings: Boston, Singapore, Berlin, Santiago, Los Angels, Cairo, Yokohama, Melbourne, Marina del Rey, Stockholm, Montevideo, Marina del Rey, Accra, Bucharest, Shanghai, Montreal, Carthage, Rome, Mar del Plata, Luxembourg, Vancouver, Wellington, Marrakech, São Paulo, Lisbon, San Juan, Los Angeles, New Delhi, Paris

Internet Governance Forum (IGF) Meetings: Athens, Rio de Janeiro

投稿者 : 会津泉

主な研究分野・関心領域

[公文俊平] 2006-05-12 14:32:22

主な研究分野・関心領域
社会システム論
日本社会論
情報文明論

投稿者 : 公文俊平

主著一覧

[公文俊平] 2004-09-09 12:56:34
『情報文明論』NTT出版、1994
『ネティズンの時代』(編著) NTT出版、1996
『2005年日本浮上』(編著) NTT出版、1998
『文明の進化と情報化』NTT出版、2001

(公文俊平、『情報社会学序説―ラストモダンの時代を生きる』、NTT 出版、2004 年)
(NTT出版のページ)
投稿者 : 公文俊平

略歴

[公文俊平] 2004-09-09 12:45:34
  • 1957 東京大学経済学部卒 経済学士取得
  • 1959 東京大学大学院社会科学研究科理論経済学専門課程修士修了
  • 1968 Ph.D. 取得(インディアナ大学経済学部大学院)
  • 1967 東京大学教養学部助教授
  • 1967 カナダ・カールトン大学客員助教授・客員準教授
  • 1971 経済企画庁客員研究官
  • 1978 東京大学教養学部教授
  • 1988 米国・ワシントン大学客員研究教授
  • 1990 学校法人国際大学教授
  • 1993 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター所長
  • 2004 多摩大学情報社会学研究所所長・多摩大学教授
投稿者 : 公文俊平

主な著書・論文

[山内康英] 1999-10-24 13:44:48
  • 「ネット社会のリスクと脅威」『ネット戦争 サイバー空間の国際秩序』NTT出版、2007年12月
  • 「知的・産業クラスターと創造都市 -産業集積とイノベーションをめぐる日本の政策」『クリエイティブ・シティ』NTT出版、2007年2月
  • 「電子会議室を使った自治体の政策形成と「べき乗則」を利用した会議の評価手法について」情報社会学会編『情報社会学会誌』2006年5月 (PDF File)
  • 「日本の情報化の進展とネットワーク社会の政治およびセキュリティ面への影響について」『ネット社会の自由と安全保障』NTT出版、2005年4月 (PDF File)
  • 「空港手荷物の利用と実証実験について」シーエムシー出版『RFタグの開発と応用II』2004年4月.
  • 「サイバーテロリズムとネットワークのセキュリティ問題」平和・安全保障研究所『アジアの安全保障(2003年度版)』、2003年9月.
  • 「ポスト開発主義の政策決定と社会的知識マネジメント」野中郁次郎他編著『知識国家論序説』東洋経済新報社、2003年3月. Download file
  • 「ロシアの核と日本の協力」NHK教育テレビ「視点・論点」原稿、2002年10月30日.(PDF File)
  • 「情報化と安全保障」『計画行政』(特集「新しい安全保障」)日本計画行政学会、2002年7月号.(PDF File)
  • 「パラダイスの質屋とニコマートEL」2002年1月
  • 「情報プラットフォームと新しい経済社会活動」『経済産業ジャーナル』経済産業調査会、2001 年8 月号.(PDF File)
  • 「情報政策とポスト開発主義:理論的考察」『GLOCOM Review』2001 年7月号.(前田充浩、渋川修一との共執筆)(PDF File)
  • 「政策決定の新しいデザインと「知識マネジメント」」『GLOCOM Review』2000 年5 月号.(鈴木 寛、渋川修一との共執筆)(PDF File)
  • 「情報化と安全保障:インターネット時代の戦争と平和」日本国際問題研究所『国際問題』、1999年10月.
  • 「日本のエネルギー安全保障:現状と問題点」『石油・天然ガス等とエネルギー安全保障に関する調査研究』平成10年度通産省資源エネルギー庁委託事業、1999年8月.
  • 『冷戦後の東アジアと軍備管理』今井隆吉、山内康英編、国際文化会館・カーネギー国際平和財団、1999年7月.
  • 「開発主義論争と情報基盤政策」『アジア・太平洋の情報化が産業に与えるインパクト研究委員会報告書』(財)地球産業文化研究所、1999年6月.
  • 「環境思想と東洋文化」1999年1月.(PDF File)
  • 「グローバル・ガバナンスと国際社会のルールの形成」『地球規模の諸課題とガバナンス』地球産業文化研究所、1998年9月.
  • 政策提言『情報革命時代における世界と日本』日本国際フォーラム、公文俊平他との共執筆、1998年8月.
  • 「Leicaのソウル」1998年1月.
  • 「米国行政府の情報化の現状と展望」、1997年4月.(PDF File)
  • 『情報化の外交に与える影響に関する調査研究』外務省委託研究報告書、1997年3月.
  • フィンランド旅行雑感Japan and U.S. Cooperation in Dismantling Nuclear Weapons and Supporting Nuclear Safety in the CIS Countries, January, 1997.
  • 『情報化時代の外交と情報』 渡辺昭夫編『現代日本の国際政策』有斐閣選書、1997年.
  • 「カンボジアの選挙と国連によるメディアの利用」1996年12月.
  • 「海洋レジームの現状と日本の対応」『国際問題』1996年9月号.
  • 冷戦後の核と日本外交:理論的考察『アジア・太平洋の安全保障:理論研究会』 財団法人日本国際問題研究所、1996年3月.
  • 『冷戦後の核不拡散と日米関係』 今井隆吉、山内康英編、(財)国際文化会館、1996年3月.
  • 「多国間主義と安全保障政策」 1995年12月(CSIS東アジア作業部会での懇談会スピーチ原稿翻訳)
  • 『交渉の本質——国際海洋レジームと日本の漁業外交』東京大学出版会、1995年8月.
  • 「日本の安全保障政策と国連」『岐路に立つ国連と日本外交』今井隆吉、 佐藤誠三郎、山内康英編、三田出版会、1995年6月.
投稿者 : 山内康英

略歴

[山内康英] 1999-08-18 17:30:34
  • 1989年 東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了 修士(国際関係論専攻)
  • 1992年 同博士課程修了 博士(学術・国際関係論専攻)
  • 1989年~1991年 世界平和研究所 研究員
  • 1991年~1994年 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター助手/研究員
  • 1995年 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター助教授
  • 1997年~2003年 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター教授
  • 2004年 多摩大学情報社会学研究所教授、所長代理
投稿者 : 山内康英