トップページ > お知らせ > 全て

6月17日 マルチステークホルダー・インターネットガバナンス研究会開催します

[お知らせ] 2014-06-10 10:00:00

      マルチステークホルダー・インターネットガバナンス研究会

                ご 案 内


  日 時:6月17日 午後6時30分~8時30分

  会 場:国際大学GLOCOM

         東京都港区六本木6-15-21ハークス六本木ビル2階

  定 員:40名(参加費無料)
 

日本におけるマルチステークホルダー(MSH)によるインターネットガバナンス・プロセスの強化に資することを目的として、 慶應義塾大学国際インターネット政策研究会(KIPIS)国際大学グローバルコミュニケーションセンター(GLOCOM)多摩大学情報社会学研究所(IIS)は共同して、「マルチステークホルダー(MSH)インターネットガバナンスについての特別共同研究グループ」を開始し、第1回会合を来る6月17日、上記の要領で開催いたします。

ご出席を希望される方は、ここをクリックしてお申込みください。

なお、私どもでは「日本のMSHインターネットガバナンスの強化のために」という政策提言論文をとりまとめ、皆様のご意見を反映させたうえで、6月下旬を目途に発表を予定しています。第一草稿は、以下からご覧になれます。皆様からのコメントをお待ちしています。

MSHGovernance0609.pdf

この研究会にぜひともご参加・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。



MSHインターネットガバナンスについての特別共同研究グループ

共同代表: ジム・フォスター(KIPIS)  アダム・ピーク(GLOCOM) 会津泉(IIS)

投稿者 : 会津泉

マルチステークホルダー・インターネット・ガバナンス(MSH)についての特別共同研究グループ

[お知らせ] 2014-05-20 07:00:00

マルチステークホルダー・インターネット・ガバナンス(MSH)についての特別共同研究グループ

                                        2014年5月20日

慶應義塾大学国際インターネット政策研究会(KIPIS)、国際大学GLOCOM、多摩大学情報社会学研究所(IIS)の三者は、共同して、「マルチステークホルダー(MSH)インターネット・ガバナンスについての特別共同研究グループ」を開始いたします。

 この研究グループは、日本におけるマルチステークホルダー(以下「MSH」)によるインターネット・ガバナンスの強化に資することを目的として運営され、6月末(あるいはそれ以前に)をめどに「コンセンサス文書(政策提言論文)」をとりまとめる予定です。

この研究グループの概要は、以下の通りです。

1. 発表するコンセンサス文書 「日本のMSHインターネット・ガバナンスの強化のために」

  主な構成:

●グローバルなMSHインターネット・ガバナンス - ベストプラクティスと今後の課題

●日本でのMSHインターネット・ガバナンス - 事実と課題

●グローバルなMSHインターネット・ガバナンスの可能な解決策と日本の選択肢

目的

ドメイン名に関する課題に焦点を置きつつ、プライバシーやサイバーセキュリティ、その他のインターネット関連の政策課題に関する日本におけるMSHコミュニティの関与のあり方にも触れ、国際的取組み、ベストプラクティスも含めた広汎な議論の材料を提供すること。

2.  5月下旬までに草稿をまとめ、KIPIS、GLOCOM、IISの各ウェブサイトに発表、研究者、政策関係者、企業および技術コミュニティなどに積極的に広報し、オンラインでのコメントを求める。

3.  6月17日、オープンミーティングを開催。会場:国際大学GLOCOM   参加者40名程度を想定。

  草稿を発表し、ゲストスピーカーからのコメントを受け、参加者全員で討論。

4. その後、オックスフォード・ディベイト、小グループのワークショップ形式の討論をGLOCOMで開催することも考えられる。

5. これらのインプットに基づき、最終的な「コンセンサス文書」をとりまとめて発表し、その内容に従って次のステップを検討する。

- 以上 -

投稿者 : 会津泉

事務所移転のお知らせ

[お知らせ] 2012-12-12 17:36:15

本研究所はこのたび以下に事務所を移転しました。旧事務所から徒歩2分のところです。なお、電話・FAX番号に変更はありません。

詳しくは、お問い合わせのページをご覧ください。

新住所
〒153-0064
東京都目黒区下目黒4-11-18
マンション清水台308

Tel: 03-3712-3758
Fax: 03-3712-3485
Mail: office@ni.tama.ac.jp


投稿者 : 多摩大学情報社会学研究所事務局

東北地方太平洋沖地震について

[お知らせ] 2011-03-19 23:04:07

この度の東北地方太平洋沖地震と大津波により亡くなった方々のご冥福を謹んでお祈りいたしますとともに、被災者の皆さまには心からお見舞いを申し上げます。また連日連夜、救援・復旧にあたっている皆さま、福島原子力発電所で日夜危険を顧みず奮闘されている皆さま、本当にご苦労さまです。当研究所としても救災・復興の一助となるべく、微力ではありますが貢献を考えておりますので引き続きよろしくお願い申し上げます。

所長/公文俊平

投稿者 : 多摩大学情報社会学研究所事務局

情報社会学会 2010年度年次研究発表大会 が開催されます。

[お知らせ] 2010-05-20 15:09:06

来月5日、
京都大学東京オフィスにて
情報社会学会 2010年度年次研究発表大会 が開催されますのでご案内いたします。

情報社会学会 2010年度年次研究発表大会 概要

日程: 2010年6月5日(土)  10:00~17:00
場所: 京都大学東京オフィス 品川インターシティA棟27階
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/tokyo-office/about/access.htm (地図)

情報社会学会
http://infosocio.org/

投稿者 : 多摩大学情報社会学研究所事務局

お問い合わせ・アクセスマップ

[お知らせ] 2008-10-10 19:43:18

住所

〒153-0064
東京都目黒区下目黒4-11-18 マンション清水台308
Tel. 03-3712-3758
Fax. 03-3712-3485
Mail: office@ni.tama.ac.jp


大きな地図で見る

アクセス

  • JR、東急目黒線、営団南北線、都営三田線  「目黒駅」下車徒歩12分 (またはバス下記参照)
  • 営団日比谷線、東急東横線  「中目黒駅」下車→バス「大井町」行「大鳥神社前」下車3分
  • バス  「目黒駅」より「大岡山小学校行」「三軒茶屋行」「弦巻営業所行」  「二子玉川園行」いずれかで「元競馬場前」下車徒歩1分
投稿者 : 多摩大学情報社会学研究所事務局

本研究所について

[お知らせ] 2008-10-03 14:36:47

情報社会を構想する研究所

情報社会学研究所は、アカデミックな研究・教育と社会的な実践を通じて、日本の情報社会の発展に貢献するとともに、活動成果を広く社会にアピールすることを目的に設立された多摩大学の付置研究所です。

本研究所を主催する公文俊平所長は、東京大学教養学部在職中から日本の情報社会研究の第一人者として、国内外に幅広い研究者のネットワークをもち、独立採算の研究所の経営に手腕を奮うと同時に、産・官・学・NPOが協力して日本の情報化を推進する実践活動を幅広く推進してきました。

本研究所は、情報社会を対象とする総合的な社会科学のディシプリンとして、「情報社会学」の調査研究と出版を進めながら、21世紀の新しい社会科学の研究と実践活動の先進例(「智業」)となることを目指しています。

情報社会学の取り組み

「情報社会学」とは、近代社会の成熟局面にあたる情報社会の諸側面を、包括的に研究する学問です。私たちの先学であり、また師でもあった村上泰亮教授(東京大学教養学部相関社会学)は、産業社会を包括的に研究する「産業社会・学」の展開をライフワークとしました。私たちは村上に倣い、情報社会について同様な試みを行っています。

  1. 情報社会を産業化、近代化、国民国家化といった長期的な趨勢の中で位置付ける段階論や局面論
  2. グローバルなネットワークに生ずる自己組織的なパタンなどに関する社会システム論研究
  3. 情報社会における社会的知識生産論、流通、消費論とその社会的な影響

投稿者 : 多摩大学情報社会学研究所事務局

所員紹介

[お知らせ] 2008-09-18 16:05:38

公文 俊平

所長・教授

  • 情報社会学会 会長
  • ハイパーネットワーク社会研究所 理事長

この研究所は、情報社会のさまざまな側面を学際的・総合的に研究することをめざして2004年に設立されたミニ研究所です。専任研究員は三人ですが、客員・共同研究員ほか多くの方々と共同して、多方面の研究活動を展開しています。

研究所としてとくに積極的に取り組んでいる研究テーマは、これからの情報社会でのインターネットのあり方と、グローバルな共働に立脚する「共発的近代」の展開です。

私自身は、これまでの一般システム研究の線上に「一般認識学」を構想し、その解説としての「智民のためのマニュアル」を書くためになるべく多くの時間を割きたいと考えています。その第一部「存在システムと論理学」は、やっと第一稿ができたところです。その後に、第二部「物質システムと物理学」、第三部「生命システムと生物学」、第四部「主体システムと社会学」と続けていく予定ですが、前途は遼遠、老残非才の身にどこまで行けるものやら見当もつきません。関心を同じくされる方々のご助力をぜひとも仰ぎたいと切望しています。

山内 康英

主任研究員、教授

会津 泉

主任研究員、教授
投稿者 : 会津泉